環境省のレジ袋有料化やペットボトル排出量削減の提案には、時代の転換点を感じました

先日、環境省からレジ袋有料化やペットボトルなどの使い捨てプラスチック排出量削減案の提示がありました。環境汚染を考えての当然の動きだなと思うと同時に、時代の転換点に来たな…という思いがしました。

スーパーのレジ袋はもらうのが当たり前でした。その袋にはスーパーの名前も印刷してあって、「あの人は○○スーパーで買ってきたんだな」と分かり、お店の宣伝にもなっていました。

私自身は、エコバッグを使う日とレジ袋をもらう日が半々くらいでした。レジ袋をもらった際は、家に持って帰った後はゴミ袋として使用するというサイクルになっていました。

ペットボトルも、飲み終えたら乾かしてスーパーのリサイクルボックスに入れて安心していました。でも、テレビの報道番組の自然への悪影響の映像を見ると、もう今の生活は続けていけないのだなと痛感しました。

リサイクルすら追いつかない状況なのかも

一番驚くのは、海に大量のプラスチックごみが浮かんでいる映像です。なぜあんなに海にペットボトルが浮いているのか?

不思議でたまらず、ネットで少し調べてみましたのですが、様々な場所で放置されたプラスチックゴミが側溝に落ちて川に流れ、最終的に海へと出て行ってしまうということでした。

スーパーやコンビニで買ったものを外で飲食した後、そこへそのまま置いて帰ってしまう人が多いのですね。

そして、スーパーのリサイクルボックスへ持って行っていたペットボトル。半分くらいしか、もうリサイクルされていないともニュース番組で聞きました。

ペットボトルのリサイクルは、確かにどこでどんな風にリサイクル加工されているか今一つ謎ではありました。

あの山のように出されていたペットボトルは、中国に輸出されていたようです。でも、中国ももう受け入れてくれなくなったので、リサイクルにも限界が来ているようでした。

環境汚染の改善策として、レジ袋有料化の義務付けは良いことだと思います。お金を取るようになれば、エコバッグ持参の方が一気に増えるでしょう。

でも、本気で自然のことを考えたら、レジ袋そのものも徐々に廃止するか別の素材の袋を考える必要も出てくると思いました。「5円程度なら払うよ」と考える人もいるでしょうから。

そこで私が考えるのは、みんなで繰り返し使う買い物袋です。丈夫な布製で、表面にはスーパーの名前が大きく印刷され、生活感たっぷりで他の用事には使えないデザインにすると良いです。

その袋を借りるのに数円、返したら数円戻るという昔のガラス瓶と同じ方式で。衛生面から、たまには洗濯していただくと更に安心です。

とにもかくにも、一人一人、今までよりも丁寧に暮らしていくことが大事になっていくと感じています。