カードローン会社から債権譲渡通知が届いた!これはどうすればいいの?

債務

カードローンを組んだものの、思うように支払いをすることができずトラブルに発展してしまうケースというのも少なからずあります。もちろん、きちんと毎月返済をしていき、計画通りに完済することができればそれに越したことはありません。

とはいえ、カードローンで借り入れをおこなっている人は元々金銭に余裕があるわけではないでしょうから、やむを得ず支払いが滞ってしまう可能性が無きにしも非ずです。気になるのは、カードローンの支払いが遅れるとどうなるかですが、基本的にはカードローンの会社から電話や書類で催促の通知が来るのが一般的です。

少し返済が遅れるくらいであれば特に大きな問題には発展せずにやり過ごすことが出来るのですが、時として債権譲渡通知が届くケースというのもあります。聞き慣れない債権譲渡通知という言葉ですが、私がカードローンを利用した時も、やはりこの通知が届いたことはなかったため、一体何であるのかを調べてみました。

債権譲渡通知とはいったい何なのか

債権譲渡通知というのは、その名の通り、債券つまり借金を譲渡したことをお知らせする通知で、自分がお金を借りたカード会社が債権を第三者である債権回収業者に渡してしまうことがあり、その通知によって私たちは債権者が変わったことを知ることになります。

つまり、お金を借りている側の目線で考えると、カードローンの支払先がこれまでのカード会社から債権回収業者という新たな支払先に変更されるということなのです。なぜ、カード会社は債権を回収業者に譲渡したのかと言いますと、債務者の返済能力が低く今後も支払いが滞りお金を回収するのが困難と判断したため、債権回収の専門業者に元の金額より安くはなってしまうものの売り払ったというわけです。

カード会社からしてみると、今後もお金が返ってくる希望はほとんどないため、損はしてしまうけれど少しだけでも回収するために、債券を安く譲渡することに踏み切ります。債権回収業者はカード会社とは異なり、債権回収のプロのためノウハウが色々とありますので、その知識を用いて債務者に返済を促し取り立てをおこないます。

つまり、債権譲渡通知が届いたということは、既に支払いがだいぶ遅れている場合が大半で、返済できずに困っている状況に追い込まれているのではないでしょうか?債権譲渡通知が届き、債権者が変更になったからといっていきなりドラマのような厳しい取り立てが始まることはまずありえませんが、厳しい状況であることに間違いはないため、早めに行動した方がよいです。

ここまでくると自分で解決はほぼできない

ここまで来ると、自力で解決するのは難しい場合もありますので、弁護士など法律の専門家に間に入ってもらい、どんな方法で解決するのがよいか決めた方がスムーズだし手っ取り早いかもしれません。

残っているローンの金額や支払い能力次第で、自己破産や任意整理など、選択すべき債務整理の方法は変わってきますが、それを自分で見極めるのは知識がないとなかなか困難ですし、客観的に判断する力も必要でしょう。弁護士などを通して交渉してもらうことで、返済金額をぐっと下げられる場合も珍しくありませんので、弁護士費用を払っても安くあげられる可能性の方が高いです。

もちろん債権譲渡通知が自宅に送られて来たからといって、急に慌てる必要もないのですが、放置してしまうと状況は悪化するばかりですから、毎月きちんと返済できるあてがないのであれば早めにプロに相談するのが一番スムーズで楽な解決策かなと思います。

注意点として、この債権譲渡通知は元の債権先であるカード会社から通知が届くことになっているため、きちんと送信元を確認しておく必要があります。といいますのも、新たな債権先だと名乗って詐欺をおこなう手口もあるようですから、いきなり聞いたことのない会社等から債権先が変わった旨の通知が来た際には疑うべきでしょう。

http://www.お金がないときどうしよう.com/